一戸建ての不動産を住宅ローンの融資で購入

銀行の事業者向け融資とは

一戸建ての不動産を住宅ローンの融資で購入 中小零細事業者は、一時的な仕入れ資金や繋ぎ資金としての短期的な資金ニーズが発生するケースがあります。
こういった場合には消費者金融の存在感が高くなります。
消費者金融は、無担保で保証人なしで融資を受けることができる上に、提出書類も必要がない場合がほとんどです。
即日融資を受ける事が出来るというスピードも大きな長所であり、消費者金融からの融資を受けることができたおかげで、危機を乗り越えた経験を持つ自営業者も少なくはありません。
こういった融資の形態の金融機関は他になかったために、消費者金融を利用する人は年々増加していきました。
テレビのコマーシャルで親しみやすい印象を与えただけでなく地道な努力を続けていった結果、1000万人を超える利用者数になっていったのでしょう。
しかし一方では、金利が高いということも指摘されていました。
短期間利用するには適している金融機関ですが、長期的に利用するには向いているとは言えません。
毎月の返済だけでもかなりの利息がついてしまうので、大きな負担となってしまいます。
金融機関としての信頼度も高くはありませんでした。
過剰な取り立ての様子が繰り返し放送されたことによって、さらに信頼度は低下していってしまいました。

個人業者に向けた融資

現在では、銀行も個人業者に向けた融資を行うようになっています。
ビジネスローンと呼ばれているローンがそれに該当します。
ビジネスローンは、3日程度で融資の合否が判明するスピード審査を行なっており、時間的な余裕がない場合にも対応できる内容になっています。
金利も消費者金融と比較すると、かなり低く設定されており長期的に利用する事もできるようになっています。
審査も柔軟で提出書類も最小限で良い上に、無担保で保証人も必要がありません。
ビジネスローンは銀行系とノンバンク系があり、ノンバンク系は特に審査が柔軟であることが知られています。
この他にも事業者向けカードローンと呼ばれるものもあります。
銀行から直接融資を受けるよりも審査基準が甘いと言われており、限度額の範囲内であれば何度でも借り入れを行うことができます。
消費者金融が銀行の傘下に入って経営を行うようになったり、逆に銀行が消費者金融的な融資を行うようになったりしています。
両者の関係は、以前のように明確に分類しにくくなっています。
利用する側としては多様な選択肢があるので、自分にあったローンを利用することが出来る可能性は高くなっているようです。
そのためには、融資の内容について学習することが大切になります。

注目のキーワード